定期預金の解約もできる最近のATM事情

定期預金の解約は窓口に行かずにできる?解約もできる最近のATM事情

しばらく使う予定のない資金があると、定期預金を利用して少しでもお金を増やしたいものです。ですが、定期預金の契約や解約の手続きをするのに銀行に行かなければならず、億劫だと感じている人も少なくないのではないでしょうか。しかも、銀行の窓口が開いている時間は平日の昼間。仕事をしている人はなかなか行けません。

一般的に、銀行が窓口でしか定期預金の解約を扱わないのには理由があります。ATMでは機械が解約手続きを執り行うため、何かのミスがあった時でも気づきにくい点です。また、盗難に遭った通帳やキャッシュカードで定期預金を解約されるなどの犯罪行為を防止するためでもあります。ミスや犯罪を防止するという観点は非常に大切なことではありますが、一方で利用する私たちとしては利用しにくい部分もあるわけです。

しかしここで知っておきたいのが、ATMで解約のできる銀行があることです。ATMでできることといえばお金の出し入れを第一に思い浮かべますが、実は定期預金の解約手続きもできるのです。ATMで定期預金の解約ができる銀行は多いとは言えませんが、一部の銀行ではそんな便利なシステムをとっているところもあるのです。

通常、ATMで定期預金を解約するには定期預金の通帳とキャッシュカードが必要です。その場合、即時解約も可能なケースもありますが、事前に解約予約が必要な銀行もあるのであらかじめ銀行に問い合せてみることも肝心でしょう。戻ってきたお金は、定期預金から普通預金の口座へと自動的に入金されるか、そのまま現金として受け取ることもできます。

同じ金額のお金を持っているのに、普通預金にお金を預けたまま時間が経ってしまうか。それとも、一般的に普通預金よりも高金利な定期預金にさっそく預けに行くか。どちらがより「お金を効率よく増やすか」は一目瞭然です。忙しくて銀行の窓口に行く時間がない、何となく行くのが面倒だ……という理由で、定期預金を先延ばしにしていてはもったいないですね。そういう場合には、ATMで解約できる定期預金をぜひ活用しましょう。