定期預金とタンス預金は今時変わらない

今時の定期預金はお得感がないからタンス預金をしていても変わらない

長崎県在住 U.Aさん(33歳)
今時の定期預金というのはほとんど魅力的に映らないなというのが私の基本的な考え方です。とは言え、一応は定期預金をしているんですけれどもほんとにお金は増えて行かないなという感じです。それこそちょっと買い物をするだけでなくなるくらいしか金利がつきません。

元々金利が安いというのは言われていたことですし、あまり驚くことではないのはわかっています。しかし、あまりにも金利が安いとこっちとしてはバカにしているのか?と思ってしまうような感じがするんですよね。お得感がないだけじゃなくて、がっかり感が半端ないんです。

例えばですが、昔定期預金をした時には大体の銀行がポケットティッシュをくれたのを知っていますか?あの頃も定期預金で粗品をもらえると聞いてやってみたら、実はポケットティッシュでがっかりした人も多いと思います。

でもあの頃は金利が高かったから、まだ定期預金でお得感があったから、タンス預金をしている人たちも定期預金に預ける人も多かったのです。私もその頃あれだけ頑固だった祖父が銀行に行ってお金を預けているのを見て、思いました。

でも今は金利も低いし粗品なんてもらえないですから、お得感はゼロです。むしろ金利が入った時のがっかり感は半端ないと思います。数十万円の定期預金があっても、数百円しかつかないような金利ですからね。これじゃあがっかりするのも当然です。

だから私は一応積み立ててはいますけれども、それ以上はしないようにしているんです。別に家の中にお金があっても左程変わらないですし、できる限りお金をこういう金利で貯めようとか、思わないようにしています。妻も同じような考え方です。

私たちは今は仕事で働いて、それでお金を貯めるという方向に変わっています。残業をしたりアルバイトやパートをしたり、もしくはインターネットを使ってオークションで物を売ったりしています。今は定期預金でお金を増やすなんていうのは難しい時代ですね。

やっぱりコツコツ働くのが一番だと思いますよ。