銀行選びランキングの前に定期預金について

銀行選びのランキングを見る前に!定期預金のことを再確認しよう

子どもの学費の資金にマイホーム購入のための資金集め、そして老後のたくわえ……。人によって様々ですが、私たちの人生にはお金のかかるイベントがたくさん待ち構えています。いろいろな目的のためにお金を貯めよう、と私たちが考えるのは当然かもしれません。

もちろん、まじめに仕事をして稼いだお金は大切です。ですが、それだけでは足りない場合があります。その時に頭に浮かぶのが、「今手元にある資金を元にしてお金を増やす」ことではないでしょうか。その方法は株式投資やFXなども当てはまりますが、ここでは定期預金について確認していきたいと思います。

投資と違って、定期預金は「一気に大儲けする」という性質ではありません。しかし、なんと言っても元本割れをしないので、安全に確実にお金を増やすことができるのが定期預金の長所です。しかも、定期預金は「放っておいても」勝手にお金が増えていきます。株やFXなどでそれなりにお金を儲けようとするとかなりの勉強が必要ですし、勉強したからといって必ずしも儲けられるとは限りません。大損をして破産……という可能性もあるのです。定期預金の場合はそんなリスクをおかすこともなく、口座にお金を預けておくだけで勝手にお金が増えていくのです。普通預金として預けている人や貯金箱やタンス貯金をしている人は、これを機に定期預金を利用してみませんか?

定期預金が安心の商品だからといって、何も知らずに申し込んではいけません。定期預金ならどこの銀行がいいのかと早速ランキングをチェックする前に、定期預金のことを知っておきましょう。何となく知っている方も再確認という意味で、定期預金を選ぶ際の2つのポイントを確認しておきましょう。

まずは、金利についてです。誰しも高金利の銀行に預けたいと思いますが、現在の景気のなかではびっくりするような高金利が溢れているわけではありません。そこで妥協して、まずまずの金利のところに預けたくなりますが、これではいけません。というのは、よく探せば、他の銀行と比べて金利が飛び抜けて高い銀行があるからです。定期預金は一定期間の間、お金を預けて利息をもらうという形ですから、少しの金利の違いが儲ける額に大きな影響を与えます。「調べるのが面倒だから、ここの銀行でいいや」と安易に銀行選びをするのではなく、すべての銀行を調べ尽くすくらいの気持ちで臨む。実際にすべての銀行を調べろとはいいませんが、現代ではパソコンでいろいろなサイトを見て調べることができます。このひと手間を惜しまない人こそ、良い銀行を見つけ出すことができるでしょう。

次は、原則として定期預金は満期日を迎えるまではお金を返してもらえないということです。これは基本的なことですが、途中で定期預金を泣く泣く解約することにならないように気をつけたいものです。人生が思い通りにいかないように、お金についても急に大金が必要になったりと、当初の予定と異なることになる場合があります。定期預金を利用する前に、「今から預けるお金は本当に満期まで使う予定がないか」を確認することは大切です。しかし、予定がなくて預けたお金だったとしても、想定外はあるかもしれません。一番いいのは、その想定外の事態が起こった場合に対応できるお金を普通預金として残しておくことですね。

銀行の定期預金では預金保険制度があるので、元金1000万円までとその利息までは保証されます。例え銀行に万が一のことがあっても、1000万円までであれば安心して預けられます。これと上記の2点を念頭に、あなたにとって最良な銀行選びのランキングを見てくださいね。