ネットバンクでの定期預金は危険かどうか

ネットバンクで定期預金を利用したい!でもネットバンクはアブナイ?

最近よく目にする「ネットバンク」ですが、これは銀行との取引を実店舗の代わりにインターネット上で行える銀行のことを指します。銀行により違いはありますが、ネットバンクでできることは振込や振替、入出金明細の照会などの他にも、定期預金や外貨預金の預け入れや解約ができます。同じく投資信託の購入や解約もできてしまうので、なんとも便利な世の中になったものです。

このネットバンクは、実際に店舗のある銀行がインターネット上でも取引ができるように開設しているものがあります。はたまた、原則として実際の店舗がなく、インターネット上だけで取引をするインターネット専業の銀行があります。

でも、実際の店舗がないのに、現金をどうやって口座に預け入れたり引き出したりするの?と思うことでしょう。実店舗のある銀行ならともかく、インターネット専業銀行の場合はお金を受け渡しする窓口がないのです。この場合、現金の出し入れにはATMを使い、取引自体はネットで行うのです。

さて、このネットバンクですが、メリットがたくさんあります。まず、ネットで手軽に取引ができることです。ATMや窓口に直接出向く必要がないので、忙しい人にオススメです。また、振込手数料が安いことも助かりますね。

さらにオススメなのが、定期預金です。一般的な銀行と比べ、ネットバンクの定期預金は金利が高めなのです。その金利の差は、なんと、10倍近くも違う場合もあるのです。預け入れや解約の取引もネットでできますし、こんなにネットバンクに良いところがあるなら、さっそく定期預金を利用してみたいものですよね。

とは言っても、ネットバンクを利用するのは何となく不安に感じませんか? 実店舗がないことで実際にお金のやり取りをイメージしにくいためか、銀行を信用することが何となくできないのも頷けます。それに、ネットバンク自体の歴史が浅く、信用面でも知名度でもこれから、ということもあります。もちろん国内のネットバンクは預金保険制度に加入していますから、もし預入しているネットバンクの経営が破綻しても、元本1000万円とその利息までは保証してもらえるところは他の銀行と同じです。

ネットバンクについて不安な点は、なんと言ってもセキュリティの問題ではないでしょうか。ネットバンクではIDとパスワードを入力してログインする、安全な取引体制となっています。しかし、インターネット犯罪が多発しているのも事実です。自分のお金が口座から消えてしまったらどうしようと不安になることもあるでしょう。

もちろんIDとパスワードの管理は自分でしっかりと行わなければいけませんが、各銀行でもセキュリティ対策を強化しています。ネットバンクにログインするときだけでなく、振込時には再度パスワードを必要とするなど、二重、三重のセキュリティになっているのです。

「これをやっていたら絶対に安全だ!」と100%言い切ることはできませんが、自分で気をつけられることを行っていれば、ネットバンクも安心して利用できます。現に銀行口座の被害に遭うのはネットバンクだけではなく、キャッシュカードのスキミング被害などもあります。これからの時代は銀行もインターネットを使って発展していくでしょうから、上手に利用できるようになれたら良いですね。