預け入れは銀行口座を分散させてリスク回避

これであなたも預け入れの達人に!銀行口座を分散させてリスク回避を

銀行にお金を預け入れることは、私たちが日常的にしていることです。普通預金に預ける場合も定期預金に預ける場合も利息がつきます。現在の金利はそれほど高くないので、お金を増やすことにあまり期待はできません。しかし預金の良い所は、なんといっても手堅いところです。株や債権のように元本割れのリスクがないので、確実にお金を増やしたいという人にオススメです。

そんな預金口座ですが、皆さんはどのように口座を使っているでしょうか。ひとつの口座に集中的に預金しているか、それともいくつか口座に分散させているか……。誰でも頑張って貯めたお金を失いたくはないでしょう。大事なお金を守るために、私たちには知っておくべきことがあります。

銀行は安定した金融機関のように見えるかもしれませんが、銀行といえども、いつ何時経営が破綻するかは分かりません。もし万が一、銀行が潰れてしまったら、その銀行に預け入れていた自分のお金はどうなるのでしょうか。

潰れるのだから預金は返してもらえないと思う人もいるかもしれませんが、例え銀行が潰れても、元本1000万円とその利息までは保証してもらえる(返してもらえる)のです。これは預金保険制度によって定められており、利息の付く普通預金や定期預金などの預金者はそのような保護が受けられるのです。

しかし気を付けたいのが、この保証は「預金者一人につき一金融機関あたり」だということです。つまり、ある銀行に自分の名義の口座を幾つか持っているとすると、自分の持つ全ての口座の預金の合計額を出され、その合計額に対して「元本1000万円+その利息」の保証となるのです。ひとつの口座で1000万円を超えなくても、同じ銀行の複数の支店で預金している額が1000万円以上になっては、ちゃんと保証されるかどうか分からないというわけです。

ゆえに、一金融機関での預け入れ総額が1000万円を超えたら、別の金融機関の口座に分散させることを検討するべきです。これが賢い預け入れのやり方でしょう。銀行が潰れてから気づいては遅いのです。「万が一」の場合に備えて、リスクを回避しましょう。