夫婦間の預金移動で定期にした場合の贈与税

これは贈与税の対象になる?夫婦間の預金移動で定期預金にした場合

結婚したばかりの夫婦はまだまだ幸せいっぱいですが、これからの長い人生を共にするということで、しなければならないことはたくさんあります。お金についての話し合いも、その中の一つでしょう。結婚に伴って、子どもの養育・教育費、マイホーム、老後のたくわえなど、これから起こるライフイベントに向けてお金の使い道について考えなければいけません。

もちろんお金の使い道を考えるだけでなく、今持っているお金で運用を考える人もいるでしょう。定期預金は元本保証の安全な商品ですから、余裕のある分だけ定期預金に回そうと考えることもあります。しかし、ここに落とし穴があるのです。

例えば、夫の利用している銀行の方が、妻の利用している銀行よりも定期預金の利息が高いとします。500万円の定期預金にするため、300万円預けている夫名義の銀行口座に妻名義の口座から200万円を預け入れます。これは、利率が良いので夫の口座に一つにまとめただけのように見えます。ところがこのような場合、原則として贈与税の対象となってしまうのです。

贈与税とはそもそも、個人から財産をもらったときにかかる税金です。ここでいう「個人」とは、例え夫婦間、親子間の単純な資金の移動であっても贈与税の対象となってしまうのです。「夫婦は一心同体」であるかもしれませんが、税金面においては別なのですね。

なお、贈与税は1年間にもらった財産の合計額が110万円を超えると贈与税がかかります。言い換えると、1年間にもらった財産が110万円以内ならば贈与税はかからないのです。この110万円は基礎控除となりますので、合計額から基礎控除額を差し引いた残りの分だけが贈与税の対象となることも知っておきましょう。

なお、夫婦間で居住用の不動産(のためのお金)を贈与したときの配偶者控除もあるので、マイホームを考えている人は詳しく調べてみてください。

上記の例の場合、夫は妻から200万円受け取っていますから、原則として贈与税の対象になるわけです。このとき、贈与税の対象になることを知って慌てて妻の口座に200万円を返すことも考えるかもしれません。しかし、安易に資金を動かしてしまうと、その場合も「夫から妻に資金を贈った」として贈与税の対象となってしまうので注意しましょう。

贈与税は普段私たちの生活にはあまり関わりのないことですが、「こんなこと知らなかった!」と後悔しないためにも最低限の知識を身につけておきましょう。それによって、上手にお金を使いこなすことができるでしょう。