金利が高い定期に安全にお金を預けるコツ

怪しいくらい金利が高い定期預金に安全にお金を預けるコツ

定期預金を始めるなら、なるべく金利が高くて資産を増やしやすい銀行で始めたいですよね。しかし調べてみると、短い期間でも金利がよかったり、他の銀行よりも高い金利の定期預金を扱っているのは、あまり聞いたことがないような名前の銀行ばかりだったりします。金利がいいところに預けたいけど、預けても大丈夫だろうかと不安に思っている方に知って欲しい、損をしない預け方のコツがあります。

まず一つの銀行に預けるお金は1000万円までにします。万が一預けていた銀行が破綻しても、1000万円+その利息までは保護されているので全額戻ってきます。そして1000万円以上は保護されていないので戻ってきません。高金利に期待して2000万円預けても、銀行が破綻してしまえば1000万円しか戻ってこないので大損です。1000万円までなら戻ってくるので安心して預金できます。しかしあまり金利が高いと、まれにですが中途解約の際に元本割れになる定期預金もあるので、中途解約する恐れがあるなら解約しても元本割れにはならないものを選ぶようにしましょう。

そして元本割れにはならなくても、中途解約してしまうとせっかくの高い金利が普通預金並みの金利になってしまうことがほとんどです。一生懸命金利の高い定期を探しても、途中で解約してしまうことがあれば意味がなくなってしまいます。なので始めはあまり長期間にすることは控えたほうがいいでしょう。期間も金額も無理のないように始めて、利息を満額もらい、さらにその利息ごとまた預金すればどんどん資産は増えていきます。

ネット銀行などはよく知らない銀行も多いですが、支店を構えている銀行よりも金利が高く設定されています。あまり知らない銀行でも元本保証などをよく調べた上で1000万円までなら預ける価値ありです。利息は少しのようですが、元本が大きければ大きいほどたくさんもらえます。あなたに合った銀行が見つかるといいですね。