満期以外で利息を受け取れる3つの定期預金

満期以外で利息を受け取りたい人にオススメな3タイプの定期預金

定期預金というと、一定期間のあいだは銀行にお金を預け入れて、満期を迎えたら元金とその利息を受け取る、というイメージがあります。預け入れの金額が大きければ大きいほど、そして期間が長ければ長いほど、定期で預金するのは少々不安ではないでしょうか。というのも、もしお金が急に必要になる事態に陥ったら、定期預金を中途解約しなければならないからです。

しかし、現在は定期預金にもいろいろな種類があり、利息の受け取り方や預入金の扱い方も様々な商品が出てきています。満期を迎える前に利息がもらえたり、元金を分割して解約できたら便利ですね。そんな便利なサービスの付いた金融商品を三つ、ご紹介しましょう。

まず、一つ目は「利息分割受取型定期預金」です。その名の通り、一般的には満期を迎えた時点で手に入る利息が、分割して事前に受け取れる定期預金です。これは、各銀行が自由に金利を定めることのできる定期預金であるスーパー定期や、預金額が300万円以上のスーパー定期300、1000万円以上の大口定期預金として預け入れることができます。

利息を分割して受け取れるということですが、受け取る間隔は毎月、隔月など指定した期間ごとに受け取ることができます。この期間は各金融機関によって定められていますので、注意しましょう。受取方法は普通預金か貯蓄預金口座への振込みが多いようです。

次は、「部分解約可能型定期預金」です。一般的に中途解約というと、預入金全額が解約の扱いになりますが、この場合は違います。ある条件のもとで元金の一部を解約しても、残りの元金分の定期預金は解約されず、そのまま満期まで存続するのです。これもスーパー定期やスーパー定期300などの定期預金として預け入れ可能です。

元金の一部を解約する時のある条件とは、いくつかあります。まずは、一部解約するまでに一定期間の間は据え置く必要があるということです。この期間を過ぎないと部分解約できません。また、部分解約後の残金がある金額を下回る場合、残額分も全て解約になってしまう場合もあるので注意が必要です。

なお、部分解約をした場合の利息は期間前解約利率が適用されます。一部とはいえ解約は解約ですから、途中で部分解約せずに満期を迎えた場合よりも利息のトータルは少なくなることを知っておかなければおけません。

最後は、「据置型定期預金」です。これは「部分解約可能型定期預金」よりもさらに自由度の高くなった定期預金というイメージで、決められた据え置き期間を超えれば最長預け入れ期間までの間、いつでも、何度でも、一部でも、全額でも引き出しが可能です。期間別の金利段階が定められていて、預入期間が長ければ長いほど高い金利がつきます。利息は引き出すまでの期間に応じた利息が支払われます。

一般的な定期預金は満期時まで利息が受け取れませんが、「利息分割受取型定期預金」はちょっとしたお小遣いが度々手に入るので嬉しいですね。「部分解約可能型定期預金」「据置型定期預金」はいざという時でもお金を引き出せるので(据置期間はありますが)、手軽に定期預金を利用できそうです。定期預金について悩んでいる方は、ぜひこれらの定期預金について一度考えてみてはいかがでしょうか。