利息にかかる税金は取り戻せる?

預金でもらえる利息にかかる税金は確定申告で取り戻せる?

銀行に預けるだけでもらえるお得なお金が利息です。利息は金利こそ違いますが、定期預金でも普通預金でももらえます。しかしその利息、実は税金が引かれていたのをご存知ですか?

利息が銀行から入金されるときにはすでに税金が徴収された金額が入金されています。その税率は所得税が15%と住民税が5%、あわせて20%になっています。つまり10円の利息がついたら、その20%の2円は税金として徴収されて8円が利息として口座に入金されることになります。ではその税金、確定申告すれば取り戻せるのでしょうか?

確定申告とは税金を払いすぎていたら還付してもらうために、または支払った税金が不足していたら支払うために前年の年収を申告することです。利息での収入にかかった税金を確定申告をしても取り戻せません。簡単に理由を言ってしまうと取り戻せない仕組みになっているからです。

それでは納得しにくいと思うので理由を説明しますと、利息での収入にかかる課税の仕組みと働いて得た収入などにかかる課税の仕組みが違うからです。利息での収入は銀行が口座に振り込む前に税金を徴収する義務があります。そしてその徴収された時点でその納税は完結します。

この納税は確定申告の対象外となっているので戻ってくることはありません。年間の収入が103万円を超えると所得税が発生しますが、もし利息で得た収入が103万円以上あったとしても納税は完結しているので確定申告の必要はありません。利息だけで103万円以上というのはあまり現実的ではないので、働いて得た収入が100万円ある人が、利息で4万円の収入を得たとします。その場合年収は104万円になりますが、100万円には所得税はかかりませんし、利息の納税は完結しているのでそれ以上の所得税が発生することはありません。

収入とはいえ確定申告の手間がないのは面倒がなくていいですが、支払った税金が絶対戻ってこないのも少し寂しい気がしますね。